長電話にご用心

Posted by makini - 11月 28th, 2017

電話が長引いてしまい、やるべきことがおざなりになってしまうというのはよくあること。

 
私も先日、長電話をしてしまい、やるべきことの3分の1もままならないまま1日を終えてしまった。

 

通話時間はトータルで9時間半とほぼ丸一日。

 

同一人物との通話だったが、話に夢中になっているうちについつい時間が経っているのを忘れてしまう。

 

話し相手はよく喋る人だったので、どちらかというと自分が話すよりも相手方の日頃の愚痴や不満を一方的に聞かされているという感じだった。

 

しかし、相手も面白い方だったので話を聞いていて苦痛という感覚はあまりなく、むしろ楽しかった。

 
とはいえ、さすがに9時間半という通話時間は常軌を逸していたなと今となっては思う。

 

夢中になり過ぎるあまりついつい長くなってしまいがちな与太話にはご用心。

 

限界を感じたらキリの良いところで無理矢理にでも理由をつけて通話を終了しましょう。

Leave a Reply

Blog Home