乾燥イタドリを試作したけれど大失敗!

Posted by makini - 5月 7th, 2017

去年有川浩の小説「植物図鑑」を読んで無性に試したくなったイタドリ料理。

 

小説を読んだのが春も終わりの頃で近所に生えているイタドリもとうが立って食べごろを過ぎてしまっていて涙をのみました。

 

スマホの予定表にしっかりとリマインダーを設定して今年はめでたく食べごろのイタドリを採取することが出来ました。

 

「すぽん!」と折れる所から折って数分で一抱えものイタドリを採って早速下処理。皮をむいてサッと湯通しし流水であく抜きを半日ほどしてから調理です。

 

小説通りのレシピは勿論自分流にアレンジして食べたけれど美味しい!塩漬けにして相当な量を冷凍保存しましたが冷凍庫のスペースの関係でもう一杯。

 

欲張って乾燥保存を試しましたが水に戻してもあのシャキッとした食感が得られずこちらは大失敗。

 

まあ、でもこれでまた一つ料理の腕が上がったと思えばいいですかね。

Leave a Reply

Blog Home