ヘム鉄には2種類あるらしい。

Posted by makini - 8月 25th, 2015

最近、生理中に通勤電車で貧血を起こすようになりました。
しばらく駅のベンチでじっとしていても治らず、遅刻してしまうこともしばしば。
生理中は1日分の鉄分がとれるのむヨーグルトを飲んで、対策をしているのですが
最近は効果がなくなってきました。

そこで、効果的に鉄分を摂るにはどうしたらいいか少し調べてみました。
鉄は大きく2種類に分かれているそうです。
1つは赤血球のヘモグロビンの材料になり酸素を運ぶ「機能鉄」。体内の鉄の約70%をしめるそう。
もう1つは、肝臓や骨髄、筋肉などに備えられる「貯蔵鉄」。酵素の構成成分になり、
エネルギー代謝を助ける作用があるそうです。

たまにはヘム鉄のサプリメントなんかも良いみたいですけどね。
ヘム鉄サプリメントは効果なし?おすすめできないヘム鉄サプリとは?

野菜や大豆製品にも鉄は含まれているらしいけど、吸収率は低いんですね。
昔大根の葉や、納豆が貧血にいいからっておばあちゃんに食べさせられましたが、
豚レバーの吸収率には遠く及ばないらしいそうです。
赤身の肉や魚に含まれて、吸収されやすいヘム鉄と、大豆などの植物性食品に含まれ、吸収されにくい
非ヘム鉄があるらしい…。デザートにビタミンCが豊富な果物を食べると非ヘム鉄の吸収を高めてくれるんだとか。
食べ合わせってこういうことなのかと、はじめて実感しました。

Leave a Reply

Blog Home