できるだけ食べておきたい料理、それは餃子

Posted by makini - 1月 22nd, 2017

餃子が大好きです。

 

妻があまり好きではないので家では食べられません。

 

年に1回くらい自宅で作る時もあるのですが、妻はニンニクが嫌いなので餃子に入れてくれません。

 

ただ、妻が仕事などの関係で夕食が作れず、たまに(月に2、3回なのですが)、夕食は外で適当に済ませてきてくれ、という日があります。

 

そんな時は朝から夕食はどこで餃子を食べようか、ウキウキしてしまいます。

 

ただ、妻の前では平静を装っています。

 

その理由は、一回、夕食が外食の時はどこで食べるかワクワクする、と話した時に「そんなに私の料理がまずいのか」と罵声を浴びせられたことがあるからです。

 

もちろん、妻の手料理はとても美味しく、それはそれで楽しみです。単純に餃子がなかなか食べられないことだけが残念なだけです。

 

外食の日、できるだけ仕事を早く終わらせ、終業のチャイムが鳴るとサッと会社を後にして、昼間、インターネットで調べて目星をつけて置いたお店に行きます。

 

アタリの餃子だと疲れが吹き飛びます。職場のあんぜんサイト:慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)[安全衛生キーワード]にあるような慢性疲労も吹きとんでいると思います。

 

 

テンションも上がります。

 

ただ、帰宅前は、ガムなどでなるべくニンニクの臭いを消します。

 

次に餃子が食べられるのはいつでしょうか。

 

Leave a Reply

Blog Home