表皮の下にある基底層でメラニンは

Posted by makini - 4月 20th, 2015

メラニンと聞くと、30代、40代にもなって女性にとってはシミができてしまう原因としてあまり良いイメージは持っていないかも知れないですね。

このメラニンは表皮の下になる基底層で作られることになっているのですが、実はこのメラニンが生成されないと肌は病気になってしまう事だってあるという事を知っていますでしょうか?

ここでメラニンについて、少しお話すると、メラニンというのは何もただシミの原因となるものではなくて、メラニンを生成することによって肌を外の刺激から守っているんですね。

紫外線などはこのメラニンがなければ、肌の奥の方にある真皮にまで届いてしまい、それこそ皮膚病になってしまう事だって考えられます。

基底層では、このとても大事なメラニンを作っている部分でもあるのです。

Leave a Reply

Blog Home