ゆっくりと調理を楽しむ

Posted by makini - 1月 14th, 2018

年末年始休暇の2週間を使って、普段なかなかできない調理を楽しむ事にしました。

 
今年貰ったハワイのお土産でホットケーキミックスがあったので、リンゴのタタンに挑戦し、リンゴを丁寧に煮詰めてホットケーキミックスと焼き上げて、お洒落でありながら手の込んだスイーツのようで気分も明るくなりました。

 
海外によく行ったり、お土産も貰うのでこうした長期休暇を利用して、時間や手間のかかる調理を楽しむ、いつもと違う特別感があって気持ちにもゆとりが持てます。

 
そして出来上がったものは、現地等に行けない歳老いた両親に振る舞い、その喜ぶ顔や意見を聞いて嬉しく感じたり、共有する時間もうまれて、基調なひとときを過ごせます。

 
食べ物は人を幸せにすると言いますが、作る側も食べる側も同じで、その料理を共有できて会話もうまれ、こうした時間はかけがえのないものだとひしひし感じます。

私は一人自由に年末を過ごす。

Posted by makini - 1月 5th, 2018

今夜は完全に一人です。

 
二人のやんちゃ盛りの息子は主人が実家に連れて行っています。私は一人で自由にTVを見ながら、自分のペースで食事をする事が出来ます。

 
気が向けば、家を出て買い物に行き、気が向けば本屋に行って自分の好きな本を買って読む事が出来ます。

 

子どもがいればそんな時間も確保できません。それは主人が居ても同じです。

 

主人は関係なく一人でくつろぐからです。

 
二人の面倒を見る事がどれほど大変か出来れば年に半分は体験してほしいと思っています。

 

それは無理だから年末位、仕事が休みの時位はゆっくりさせて欲しいです。

 
きっと世の中の奥さんは嫌嫌冬休みを過ごしている方もおられると思いますが、たっぷり離れると子どもと再会した時にはたっぷり可愛がれると思っています。

 

全ての時間を他の誰かに侵食される必要は無いと思っています。