地元の大切さ

Posted by makini - 6月 23rd, 2017

私は九州出身で高校卒業後は九州で就職し仕事をしていました。

 

しかし、仕事の上司ともあわず、仕事をやめました。

 

 

やめたのちに旅をするために関東に上京し、いったこともない私の知らない土地で生活しています。

 

 

今は仕事も安定していて彼女もいて、幸せな生活を送っているのですが、友達がいません。

 

毎日話をするのは会社の上司か彼女、そして犬。

 

毎日特定の人と話をする毎日です。

 

 

九州で仕事をしていたときは友達もいて、呑みながら楽しい話もしたりして充実していた日々もあったのですが、現在は友達もおらず、懐かしい話や男同士のプライドのない話もできないのです。

 

 

地元の友達と話せていたことは地元の友達としか話せない。

 

 

今になったらわかる内容で、九州でずっと暮らしていたのであれば地元の友達の大切さがわからなかったかもしれません。

 

 

私は関東に上京して、地元の友達の大切さを感じました。

 

 

これから先、関東で些細な話でも話せる友達ができるかはわかりませんが、いつの日かできると信じ、毎日の仕事を頑張りたいと思います。

マイナーな物は地方だとないから困る

Posted by makini - 6月 14th, 2017

すごく欲しいと思った本があったのですが、私の住んでいる所が田舎なので本屋さんは2件程しかありません。

 
とりあえず1件目に行って探してみましたが、見つかりませんでした。

 
店員に声をかけようと思いましたが前にも似た事があって、取り寄せないと無いという返答で取り寄せてもらった事もあったので、またと思われる上にそこまでしてもらう程ではなかったし、もう一件あるからそっちにも行ってみようと移動しました。

 
もう一件も探しても見つからず結局諦めることにしました。

 
因みに欲しいと思った本は電子書籍で読んで手元に欲しくなった為なので、諦める事が出来たのですがやっぱりマイナーな本だと地方は取り扱っていないケースが多くて困ります。

 

私が思うに、地方は本の需要が都市部よりも少ないので、あまり売れない本は本屋も置きたがらないのでは?と思っています。

 

鶏ごぼうおこわを作りました。

Posted by makini - 6月 4th, 2017

もち米をもらったのと、主人が鶏飯のおこわが好きだと聞いたので、クックパッドの炊飯器で具だくさん鶏ごぼうおこわというレシピ名のおこわを調べて作りました。

 
6人分の分量と言う事でしたが、主人が好きなものだったので、2人で2日でなくなってしまいました。お米ともち米を合わせて研いで、30分給水させました。

 
鍋に具用の材料の、醤油、料理酒、砂糖、1センチ角切りの鶏胸肉、千切り人参、ささがきごぼうを加え、汁けが少し残る程度まで中火で10分煮て下さいと書いてあったのですが、焦げるのがいやだったので弱火で10分にしたら、全然汁けが飛んでいなかったので、追加で中火で10分加熱しました。

 

具を少し冷まして、米の上にのせて、少し混ぜて、炊飯しました。三つ葉がなかったので、炊飯後10分蒸らして、良く混ぜました。

 

お醤油のうまみと鶏肉のうまみが効いていて、美味しいおこわでした。