目の下のクマといっても原因はいつくかある。

Posted by makini - 3月 20th, 2016

鏡を見て目の下にクマができていれば、なんとかして消さないと。なんて思ったことはないでしょうか?

クマができる原因はいくつかありますが、いずれにしても放置しておくとそのままくっきりとしたクマになってしまう可能性は大です。

青黒いクマ¥は、目の下の薄い皮膚を通して血液のよどみが透けて見えてしまっている状態です。一種のくすみとしてとらえることができるものですが、原因としては、目の疲れ、それに冷え症などによってもおこる血行不良です。

この青黒いクマは若くてできることもあります。それこそ20代の前半であっても、10代であってもできる事があります。

また茶色いクマは、小さなシミの集まることによって茶色く見えているものです。シミなので、十分寝ても、血行がよくなっても消えてくれることはありません。

最後に黒い影のようなクマですが、年齢からくるの目の下のたるみが原因です。

目の下のクマを消したいと思ったときには、まずはどんなタイプのクマなのかを把握するようにしましょう。でないと意味のないケアをしてしまう事にもなりますからね。