乾燥肌と角質ケア

Posted by makini - 2月 28th, 2016

角質ケアはくすみやシミ防止のために定期的にしている人も多いと思うんですが、乾燥肌の人に限っては実はあまり頻繁にしない方がいいのを知っていますか?

ターンオーバーを高めるためにか角質ケアをすると、肌本来の機能が回復することができ、肘、膝などの角質が厚くなりやすい部分は、角質を落として保湿することによって、その後の保湿ケアの効果を高めることができます。

ですが、乾燥肌の人に限っては、敏感な状態であるために、頻度としては半年に1回ぐらいで十分なんですね。

半年に1回であっても、刺激が強すぎる角質ケアはNGです。

角質ケアをする時にはピーリング化粧品を使いますが、できるだけソフトな化粧品を使うのがベター。

ピーリング効果のあるスクラブ石けんなどでごわごわ部分を軽く洗うぐらいでちょうどいいでしょうえ。

もちろん、そのあとは肌の水分が少ない状態なので、保湿ケアをするのを忘れずに。

ピーリング化粧品を使ったあとは、肌が無防備な状態のですからね。

肌は体の部分によって違いがある。

Posted by makini - 2月 2nd, 2016

顔と頭皮、それに体の各部分の肌の違いは、皮膚の厚さと皮脂の分泌量にあります。

もちろん、基本的な構造、表皮、真皮、皮下組織といった構造自体は同じですが、厚さについては全く違いがあるんですね。

顔に関していえば、肌は薄いので、ターンオーバーの期間は短く、また頭皮や背中に関していえば、肌は厚い部分であり、ターンオーバーも他の部分に比べれば短くなります。

足の裏は皮脂の分泌量が少ないために乾燥しやすい状態になり、分厚い皮膚の上に古い角質層が積み重なって、硬くガサガサになりやすい傾向。
保湿クリームで乾燥を予防したり、軽石でこすって古い角質層をとるケアが大切です。

皮脂の分泌量としては、多い順で、頭皮・顔胸、背中・手足になります。

特に、頭皮や顔の中心部、胸や背中の中央部、それに脇、ひじ・膝の内側については皮脂の分泌量は多くなっています。

もちろん、これは一般論であって個人差はあります。

普段から自分の皮脂の多い部分や少ない部分を把握し、皮脂のおおいところには良く洗って清潔な状態を保ち、皮脂の少ないところについては化粧水や乳液、保湿クリームで潤いを与えるように気を付けるといいでしょう。