レバリズムLが肝臓に効果的なのはなぜか?

Posted by makini - 11月 30th, 2015

しじみが肝臓の機能を助けることは多くの人が知るところだと思います。レバリズムLにもこのしじみがかなりたくさん使われています。

ですが、しじみだけでは他のサプリメントと同じぐらいの効果しか期待できなけれど、レバリズムLがなぜ他のものよりも人気があるかというと、それは牡蠣のエキスを配合しているから。

肝臓の機能を助ける成分としては、まずはしじみのオルニチンが有名ですが、その次ぐらいに牡蠣のエキスもまた肝臓の機能を助けてくれるんですね。

特に、肝臓にたまりがちな中性脂肪は解毒作用を妨げることで知られていますが、牡蠣のエキスはこの中性脂肪を排出することによって、解毒作用の低下を防いでくれます。

レバリズムLが、お酒が好きな人にとって100%効果的なサプリメントだという事を言い切ることはできないですが、それでもおそらく今あるものではかなり効果的なサプリメントの一つだということができるでしょうね。

とはいっても、あまりにも毎日べろべろになるほどに飲んでいたら、それはそれで肝臓に負担がかかりすぎるので注意してくださいね。

また銀行が不動産融資に手を出しているみたいですね。

Posted by makini - 11月 29th, 2015

おいおいまたかよ、っていう感じがある銀行の融資姿勢があります。

それは、また不動産融資にかなりのリスクを取っているということ。

景気が上向きになれば確かに不動産価格は上昇し、不動産物件を購入したいというニーズはでてきて、さらにそこには資金需要が発生することになりますが、価格の上昇に後押しされた担保価格で不動産の融資をするのは、過去の歴史を振り返ってみても何もいいことはありません。

つまり、いずれは不動産価格が下落して、融資の担保割れ状態が発生するっていう。

となれば、その融資は不良債権となるわけですが、そうなれば銀行は引当金と呼ばれる費用を計上しなければいけませんよね。

すると、財務体質が悪化し、貸し渋りがでてきて、景気の循環が滞りやすくなる。

健全な融資姿勢を保つことがどれだけ重要なのか?目先の利益に惑わされないようにしてほしいものです。

アルバイトを雇用する企業は約束なんか守る気はさらさらない!

Posted by makini - 11月 10th, 2015

アルバイトの労働条件について問題視されるようになってきていますが、企業側としてはアルバイトとの約束はおそらくなんとも思っていないでしょうね。

とにかく、手軽に雇えて、賃金が安い労働力を手に入れたぐらいにしか思っていないと思います。

その理由としては、とにかく労働時間についてごまかし続けるというものです。

今ではだいぶ認識されるようになってきましたが、労働法では、1分単位での賃金を支払わないといけないのに対して、ほとんどの企業は15分単位での仕事を強制している状態です。

独自解釈をしている見たいですが、ただ単純に法律上の権利として認められている正当な賃金を払いたくないだけ。

当初の約束よりもたくさんシフトに入れるなんていうのもよくありがちな企業の嘘。

企業は、人手が少ないからという理由で、最初に約束した時間勤務をいとも簡単に破ってしまう。

人手が足りないなら、企業努力をすればいいのですが、それをしないでアルバイトに仕事強制させる、っていったい何をやっているんでしょうね。企業。

iHAのサプリメントがだんだんと知られるように。

Posted by makini - 11月 5th, 2015

高齢になれば、だれでも体の調子の悪いところの1つや2つはあるものですが、特に多くの人に共通してあるのが、膝や肘などの関節の痛みだと思います。

他にもいろいろとあるでしょうが、この症状はかなり多くの人が抱える悩みとしてはよくありますよね。

そんな悩みを和らげてくれるのではないかと期待されているのが、iHAという卵から抽出される成分。

iHA(アイハ)サプリメントの【効果がない】場合!通販購入で【失敗】?

卵はいわゆる完全食品として知られていますが、まだまだその実態は謎が多いようですが、2、3年前に食品関連の研究所が発見したこのiHAという成分は先程の肘や膝などの節々の痛みを和らげることができる成分として発表されました。

メカニズムとしては単純で、iHAを摂取することで、骨と骨との間にある軟骨は高齢化するとともに減ってくるのですが、それを新たに作りだしていこうとする力を強めてくれるというものです。

まだまだこのiHAという成分は発展途上にあると思うのですが、今後のさらなる進化に期待したいところですね。

トヨタの快進撃もいいですが、下請けや従業員に対しての分配も

Posted by makini - 11月 5th, 2015

トヨタは愛知県に本社を置く世界的な自動車メーカーです。って誰もが知っていることですが、それこそトヨタがなければその町は本当にすたれてしまっていたでしょう。

トヨタの工場があるからこそ、雇用が生まれ経済が循環していっています。

もっといってしまえば、トヨタ自動車があるからこそ日本の経済は、特に自動車業界は常に仕事があるといっても過言ではないかもしれないですよね。

関連会社、それにライバル企業に対しての影響とかを考えると。

そんな世界的自動車メーカーの成長し、いまだ成長し続けるトヨタ自動車ですが、会社としてのもうけを示す純利益が1兆円を超えてしまっています。

すごすぎるのですが、もう少し下請け業者や従業員に対しての利益の分配があってもいいような気がします。

株主の方を見るのも大事ですが、もう少し軸足を普段頑張っている人たちへ向けてもいいのでは?と

イギリス王室はフレンドリー

Posted by makini - 11月 5th, 2015

イギリスは今ではあまり語られることもなくなってきたかも知れないですが、国としては先進国のなかでもかなり歴史が古いところです。

それこそアメリカなんかよりもかなり国としての歴史は深く、そもそもアメリカができたのはイギリス人が大陸を横断して、そこで新たな国造りを使用としてできたのがアメリカ。

そんなイギリスの王室というのはとてもフレンドリーで世界でもよく知られていますよね。

日本の天皇陛下よりも国民に対しての距離感がすごく近いというか。

もちろん、日本の天皇陛下も別に距離を置こうとしているわけでもないと思うのですが、親しみとか庶民感があるのはきっとイギリス王室だと思うんですね。

また、イギリス王室ってやたらとファッションとかも注目されますしね。

http://www.royal.gov.uk/

« Previous Entries