だらけきった28歳の身体に

Posted by makini - 2月 16th, 2018

高校生の時のサッカー部を引退して以来運動をすることがなくなってしまった私の身体にさすがの危機感が高まり、今月からジムに通うようにしました。

 

勤めている会社の法人契約のおかげで月額の会費が安くすむため、それもあって決心しました。
ジムでは主にランニングマシーンを使って走りこむことが多く、その度に自分は身体を使わない生活をおくっていたのだなぁと実感します。

 

そのジムの決まりで連続使用時間が30分までと決まっているのですが、その30分すらまともに走っておられず、何となく恥ずかしくなりました。

 

高校生の時はサッカー部だったこともあり、足の筋肉も自慢できるくらいについていたのですが、それも今や見る影もなく、これをきっかけに鍛えなおそうと、足の筋トレマシーンを使って、太ももとふくらはぎの筋トレも開始しました。

 

少し筋トレしただけで1週間も筋肉痛が続くこの身体に少し鞭を打つことで少しでも筋肉をつけ、順調に年老いていく身体に歯止めをかけたいと思います。

一度は行ってみたい国

Posted by makini - 2月 8th, 2018

海外旅行といえば、ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアといった所が人気があるのかと、グァムしか行ったことのない私にはそんなイメージがあります。
海外には詳しくないですが、昔から気になっていて人生で一度は行ってみたい国があります。それは、エジプトです。エジプトという国に関しても詳しくないので、理由を聞かれると単純で恥ずかしいものです。

 

ただ、ピラミッドとスフィンクスが見たいだけです。

 

小学生時代から、この2つの歴史遺産に興味を持ち、何のために作ったのだろう、どのような方法で作ったのだろうと関心を寄せているうちに、エジプトという国そのものが神秘的な存在として心の中に留まっています。

 

ネットなどで調べれば、上記の疑問は解決出来るかもしれませんが、神秘的な部分を失いたくないので敢えて調べることはしていません。

 

実際に行って、自分の目で多くの謎が残る建築物を自分なりの解釈で受け入れたいと思います。

 
話はずれますが、それとは別にピラミッドの頂上まで登ってみたいという願望もあります。

水族館へ!

Posted by makini - 1月 25th, 2018

旦那が休みだったので息子を連れて福島のアクアマリンに行ってきました。

 
震災前に行ったきりだったので私も久しぶりです。

 

ここは旦那と初めてのデートをした場所でもあるので、こうして家族になってから来る事が出来るなんて思いもしませんでした。

 

前はなかったのですが隣に大きなイオンモールが建設されてました。

 

今年の夏にオープン予定のようで、かなりの大きさだから行ってみたいです。

 

着いて中へ入ると前より館内が綺麗になってましたし、新しい場所も増えてました。

 
ベビーカーで行ったのですが道が広かったので周りを気にする必要がなく気を使わなくてよかったのが嬉しかったです。

 

ショーがないので順番を考えなくてよかったのは赤ちゃん連れには嬉しいもの!

 

釣りが出来る場所も増えてたので息子が大きくなったらもう一度来たいです。

 
キラキラと光る水槽をじーっと眺めて居たので魚見てるのかな?と思ったけど視線を追ったら泡でした(笑)

ゆっくりと調理を楽しむ

Posted by makini - 1月 14th, 2018

年末年始休暇の2週間を使って、普段なかなかできない調理を楽しむ事にしました。

 
今年貰ったハワイのお土産でホットケーキミックスがあったので、リンゴのタタンに挑戦し、リンゴを丁寧に煮詰めてホットケーキミックスと焼き上げて、お洒落でありながら手の込んだスイーツのようで気分も明るくなりました。

 
海外によく行ったり、お土産も貰うのでこうした長期休暇を利用して、時間や手間のかかる調理を楽しむ、いつもと違う特別感があって気持ちにもゆとりが持てます。

 
そして出来上がったものは、現地等に行けない歳老いた両親に振る舞い、その喜ぶ顔や意見を聞いて嬉しく感じたり、共有する時間もうまれて、基調なひとときを過ごせます。

 
食べ物は人を幸せにすると言いますが、作る側も食べる側も同じで、その料理を共有できて会話もうまれ、こうした時間はかけがえのないものだとひしひし感じます。

私は一人自由に年末を過ごす。

Posted by makini - 1月 5th, 2018

今夜は完全に一人です。

 
二人のやんちゃ盛りの息子は主人が実家に連れて行っています。私は一人で自由にTVを見ながら、自分のペースで食事をする事が出来ます。

 
気が向けば、家を出て買い物に行き、気が向けば本屋に行って自分の好きな本を買って読む事が出来ます。

 

子どもがいればそんな時間も確保できません。それは主人が居ても同じです。

 

主人は関係なく一人でくつろぐからです。

 
二人の面倒を見る事がどれほど大変か出来れば年に半分は体験してほしいと思っています。

 

それは無理だから年末位、仕事が休みの時位はゆっくりさせて欲しいです。

 
きっと世の中の奥さんは嫌嫌冬休みを過ごしている方もおられると思いますが、たっぷり離れると子どもと再会した時にはたっぷり可愛がれると思っています。

 

全ての時間を他の誰かに侵食される必要は無いと思っています。

幼稚園のお迎え

Posted by makini - 12月 26th, 2017

お姉ちゃんの幼稚園のお迎え時には下の子を寝かしつけて家の中に置き去りにしています。

 

15分程の時間なのですが、初めは目を覚まして泣いているんじゃないかと気が気じゃありませんでした。何度か実際に目を覚ましていた事もあるのですが大人しくテレビを見ているんです。

 

今ではすっかり慣れてしまい、時には5分ほど早く家を出て幼稚園に行く途中にあるスーパーでちょっと買い忘れたものを買う余裕さえ出てきてしまいました。

 

今日は牛乳と卵だけちょっと買ってから幼稚園に行こうと思い、ちょっと早めに家を出ました。ところが、スーパーの売り場の配置が変わっているんです。

 

パパっと買える予定が、卵は何処だとスーパー内を猛ダッシュで駆けずり回ることになりました。どこのスーパーも時々配置替えしますよね。

 

単に客を惑わすだけな気がするのですが何か意味があるんでしょうか。お迎えに遅刻するかと思って凄く焦りました。

« Previous Entries