汗はできるだけかきたくない。

Posted by makini - 8月 17th, 2016

暑い。
この気温に、湿度に、無風。
そして越してきて初めての夏に、気が付いた事実。
それは「こんなにも風が通らないとはーっ!」

今年の夏は、今までとは違います。
赤ちゃんと一緒なのです。
大変なことはあるけれど、総合的に幸せな毎日を過ごせています。
ですが、6ヵ月の我が子は動ける範囲が増えてきて楽しくて仕方がない時期。
ひと時も止まりません!
寝ている時だって、寝返りを繰り返し止まりません。

でも寝返りしている時はまだ幸せだと、この後、思い知りました。
ただ座っているだけでも、じんわりと首元が汗ばんできます。
ベタベタ。

起きてから、一人でしばらく遊んでいた我が子。
少しぐずり始めました。
「寝たいのでだっこしてくれ」って声を出して呼ぶのです。
赤ちゃんは、『泣いている時』と『眠りたいとき』に、
頭から水蒸気でも出るんじゃないかってほどに暑くなります。
「だ、だっこ~?(泣)」な私。
でも、そんな目で求められたら、母はあなたを抱っこしちゃいます。

家のなるべく涼しいところで、うちわも持って。
準備万端。
なんて通用しません!
私、走ってきたっけ?というほどに滝の汗です。

そうですよね。
何もしなくても汗が出る夏に、湯たんぽを抱きしめているんですから。

いいんです、汗をかくのは。
汗よりも…ベタベタな私の首やら胸元に我が子が顔をくっつける。
母としては、いつもなら嬉しくて愛おしいのですが、
今日の私は汗だくで、けしてキレイではないので…気が引けます。
純粋で無垢で、全力で甘えてきてくれる我が子は、
いつの日か気が付いて、「ん?母は汗だく、ベタベタしてきたない。」になってしまうのでしょうか。
それはとっても、寂しいです。

汗がひくと、サラサラな赤ちゃん。
汗が引いてもベタベタな私。

歩くようになったら、もっともっと汗だくになるのでしょうね。
来年の夏は心して挑みます。

東大阪市でこれから看護師の求人で高収入を狙うなら

Posted by makini - 8月 10th, 2016

東大阪市でこれから看護師の求人を探して、就職しようと思っている。できるなら他の施設よりも高収入がありがたいんだけれど・・・。

そういうふうに思っている東大阪市の看護師の方はたくさんいると思います。正直。

だけど、注意しないといけないのは、高収入を謳っている病院っていうのはやたらと夜勤を入れられる場合があるっていうこと。

別に夜勤にどれだけ入ってもかまわないっていうのであれば、特に問題はないのですが、家事もしなくちゃいけないし、そんなにしょっちゅう夜勤ばっかりは無理、っていう場合には高収入の看護師の求人があった場合は一度しっかりと調べないといけないと思います。

このごろは看護師不足だから高収入の募集がありますよっていう話をする人がちょっと多いように感じているのですが、決して高収入であれば満足ができる職場環境か?っていうとそれはイコールではないですからね。

ついつい収入のことばかりを考えてしまう人は要注意だと思います。

参考情報として:【東大阪市で看護師の求人】自分ですると【大失敗】します!

私には不思議でたまらない。

Posted by makini - 8月 6th, 2016

私の実家は自営業をしているのですが、仕事のない日がないし、私からしてみたら毎日頑張っていると思うし、工場自体も、自営業にしては大きいです。

もちろん土地も広いです。

しかし、何かあるごとに、お金がない、貧乏家族など言ってきます。

実家は両親と独身の姉の3人暮らし。

一番下の私と兄は結婚し、それぞれ暮らしています。

我が家も子供2人いて、日々ギリギリの生活をしていて、月に1回の家族での外食を楽しみに、節約も頑張っています。

しかし実家は、壊れてもいないのに家電を買い換えたり、ルームクリーニングを頼んだり、外食なんて週に1度はしています。

お金がない、貧乏家族なのでは?

私は両親がなぜそう言うのか、または、なぜそういう生活をしているのか、不思議で仕方ありません。

老後の不安というのは誰もが少しはもっているものだと思いますが、正直そんな両親を見ていると私自身も不安になってしまいますね。

年金もこれから減らされる可能性が大きいみたいだし。

娘の初めての夏祭り

Posted by makini - 7月 28th, 2016

先日、娘の通ってる保育園で夏祭りがありました。

初めての浴衣に大喜びの娘は、楽しそうにお友達とはしゃいでいました。

お化け屋敷だったり、輪投げ屋さんだったり、子供の喜びそうな出店がいろいろ出てて、娘はとても喜んでいました。

なかなか小さな子供を中心にお祭りを楽しむなんて事は普段できないので、嬉しそうにしてる娘の姿を見て、こちらも嬉しくなりました。

子供を喜ばせる為の先生達の苦労が垣間見えました。

先生には本当に感謝ですね。

ついにメインの盆踊りの時間になり、全員整列したところで音楽が流れてきました。

みんなで一生懸命練習してた盆踊りのはずが…まさかの踊らない娘にガックリしました。

お友達のお母さん達が見てるのが恥ずかしかったようで踊れなかったんだそうです。

来年の夏祭りでは恥ずかしさを乗り越えて踊って欲しいと思いました。

いろいろ辛いことがあったんでしょうかね

Posted by makini - 7月 26th, 2016

さっき、ドラッグストアで買い物をしたときのことですが、レジの女性の店員さんの手首に目が行ってしまいました。もうお分かりですよね。

リストカットの痕がすごかったのです。薄く白く線が沢山ありました。肘下からて手首にかけて何十本も見えました。もう日が結構経っている感じでしたね。

赤やピンクっぽいのでなく白く薄くなってましたから。元気のいい30代ぐらいの女性で意外でした。

普通、こういう傷のある子ってもっと暗そうな人じゃないですか。でもそんな感じの人ではなかったですね。数年に一人こういう人見ます。

なんか、その人の顔見て色々つらかったんだなあって想像してしまいますよね。夏場は丸見えですよね。でも店内なら涼しいのだから半袖なんか着てたら誰でも気がつくのにと思いました。

だけど、こういう人が復活してしっかりと働いている姿を見るとなんだかちょっとすがすがしい気持ちにもなってしまいます。

湯船につかると健康体に。

Posted by makini - 7月 3rd, 2016

若い人たちはお風呂に入る際に、あまり湯船につかることなくシャワーだけで済ませてしまう人たちが多いようですね。
これは体温が低下してしまう一つの原因と言えます。

毎日お風呂の湯船につかることは健康上もとても大事な意味があります。湯船につかると水圧で体が圧迫されますが、この時に皮膚をとおっている欠陥が圧迫されます。すると、全身に運ばれた血液が心臓に戻っていきやすくなるんですね。

要するに血流が良くなるわけですが、血流がよくなればいろんな栄養素が全身の細胞に運ばれ、そしてそこで使われた老廃物や腎臓や肺などの体に備わっている解毒装置がスムーズに戻りやすくなります。

さらに、湯船につかれば体温が上がるので、体全体の免疫力も高くなります。風邪をひきにくくなったり、もろもろの病気になりにくくもなります。

汗がたくさんでてくる子おとによって、皮脂もたくさんでてくるので皮膚もキレイになりやすくなります。

湯船につかる事は体に良いことばかりだといっても過言ではないので、シャワーだけしか浴びていない人は今後は湯船にゆっくりとつかることを考えてみてはいかがでしょうか?

サワイの健康上でも同じような事を言っていますね。⇒体温を上げて 免疫力アップ | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

« Previous Entries